カラーリングのポイント

正しいカラーリングの知識

カラーリングをする際の注意点

美しい髪を手に入れるために、カラーリングを使用する方々が増えています。
しかし、基礎的な知識がないまま使用すると、トラブルやアレルギーなどを引き起こす可能性があるため十分の注意が必要でしょう。
カラーリングをする際の注意点として挙げられているのは、必ず事前にパッチテストを行なうということです。
特に、アレルギー体質の方や敏感肌の方の場合は、より一層注意したいものです。
パッチテストとは、腕の内側などに混合液を塗って、その反応を調べるテストのことです。
このテストをしっかり行なっているならば、かなりの割合でトラブルを防ぐことができるでしょう。
実際に、以前にも使ったことのある製品を使うとしても、やはりパッチテストが勧められています。
アレルギー反応は、その日の体調によってかなりの程度左右されることがあるからです。
カラーリングを使用する際に注意したいもう一つの点は、パーマとの併用を避けるということです。
なぜなら、カラーリングもパーマもどちらの場合も、髪に化学変化をもたらすものであるからです。
つまり、二つの方法を一日のうちに併用することで、髪にかなりの負担をかけてしまうのです。
是非、これらの点に注意して正しく使用するようにしましょう。

カラーリングの使用で注意したいポイント

きれいにカラーリングするためには、ヘアカラーの使用に際して幾つかのポイントを押さえておくことが必要です。
一つのポイントは、髪の質によって使い方が異なるという点です。
たとえば、もともと太くて硬い髪の場合、ヘアカラーの説明書に記されている時間よりやや長めに放置することができるでしょう。
そうすることによって、きれいにカラーリングすることができます。
もちろん、ヘアカラーを付けた後、あまり長い時間放置すると髪に負担がかかってしまうため注意が必要でしょう。
また室内の温度も大きく関係しています。
寒い場所や暑い場所を避け、暖かい場所で使用することができるでしょう。
それに対して、細くて柔らかい髪の場合、またはやや傷み気味の場合は、説明書の時間よりやや短めに放置するのがポイントです。
髪を傷めないためです。
カラーリングの使用に関して注意しておきたい別の点は、使用した後のケアです。
ヘアカラーを使ってカラーリングをした後の髪はアルカリ性に近い状態になっています。
それで、酸性か弱酸性のヘアケア剤を使って髪を酸性に戻すことが必要です。
こうすることには、キューティクルを引き締めるとともに、色を長持ちさせることにもつながります。

Valuable information

ADHD
東戸塚 歯科
NPSについて依頼する
パンフレット 制作
ロストワックス
花魁体験の詳細を知る

Last update:2018/9/13