カラーの適切な頻度

正しいカラーリングの知識

カラーリングをする適切な頻度

今や多くの人がイメージチェンジの為にするカラーリングですが、どのくらいの頻度で染め直すのか人によってまちまちです。
美容院や雑誌などでは45日程度を推奨しているようですが、なかなか通えない人もいます。
また、カラーの色味や髪質によっても変わってくるでしょう。
例えば色味の強い色をいれた場合や、もともと脱色しやすい人だと、カラー後数日で色が落ちてしまいます。
カラーリング用のシャンプーを使ってもなかなかカラーを保つのは難しいため、2週間ほどで手入れが必要になります。
一方で地毛に近いカラーをした場合、退色しにくく髪が伸びてきてもそれほど根元が気になりません。
なかなか美容院に行けないという人は、ハイライトやローライトをいれることでも生えてきた地毛が目立ちにくくおすすめです。
しかし一度カラーリングをすると髪の毛が傷んでしまったり、元の色に戻したくてもなかなか戻らなかったりとリスクも大きいので、お手入れと頻度には気を付けなければなりません。

カラーリングを行う頻度とは

カラーリングは髪の毛を好きな色に染めておしゃれを楽しむことができます。
カラーリングには酸性のものとアルカリ性のものがあり、髪の毛を脱色して色を明るくする場合に使うのがアルカリ性のタイプです。
美容院や自宅などで手軽に行えますが、失敗すると色むらが出たり髪の毛が痛んでしまうことがあります。
自分でカラーリングをきれいに行うためには説明書に記載されている分量や時間をきちんと守ることが大切です。
足りないような気がすると言うだけでどんどん量を増やしたりするととんでもない色に仕上がってしまうことがありますし、長く放置したからと言ってきれいに仕上がるということはありません。
またカラーリングは髪の毛に大きな負担をかけるものです。
そのため実施してから少なくとも1週間程度はトリートメントなどできちんとケアを行うようにしましょう。
間隔をあけずに、頻繁に行ってしまうと髪の毛がダメージから回復する間がありません。
頻度としては最低でも2週間ほど開けるようにすることが大切です。

recommend

塾を篠ノ井の近くで探す

2018/8/24 更新